今から50年ほど前まで、琵琶湖・淀川流域のあちこちに、夏冷たく冬温かいおいしい井戸水がありました。川の浅瀬、ワンドなどには水族館でしか見られなくなった魚たちが藻の間を陽光にきらめきながら泳いでいました。そのころの子供たちは魚つかみに夢中 になり、魚とともに泳ぎまわったものです。

 

初夏にホタルが舞い、秋にはアキアカネの群れが飛ぶ風景もありました。 また、街中には穏やかな空気が流れ、困った時には助け合う人情がありました。

 

その後、高度経済成長に伴い、物の豊かさ便利さと引き換えに、豊かな自然や人情など失ったものが数多くでてきました。

 

人々は、そのことに気づき始め、身近な流域のあちらこちらで、「生態系の調査や保全活動」、「自然再生への挑戦」、「人と自然・人と人とのつながりを取り戻そうとする活動」など、さまざまな取り組みが始まりました。

 

それぞれの活動を通じて得られた共通の事柄は、新しい発見と、新しい仲間が出来て元気が出るという気づきでありました。

 

そこで、私達は琵琶湖・淀川流域圏においてすでに始まっているさまざまな活動を、「楽しく、美しく、みずから、気軽に」をキーワードに地域に拡大し活発化すると同時に、それぞれの河川と琵琶湖・淀川上下流の交流を通じて相互理解を深め、起こりがちな利害の対立を共通の課題へと高めることにより琵琶湖・淀川流域圏の再生を図ることが大切だと考えました。

 

このために、あるときは住民独自で、またあるときには、行政を始めとした様々なところと協働で課題の解決に取り組めるような活動を目指して、個々の活動を緩く繋いだネットワーク「琵琶湖・淀川流域圏連携交流会」を設立しました。

問合せ先

523-0042   大阪府枚方市野西町5-1 ひらかた環境ネットワーク会議内

TEL :072-847-2286 FAX: 072-807-7873   MAIL : jimukyoku@bynet-r.com

Copyright © The Biwako Yodogawa Ryuuikiken Renkei Koryukai. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.